40代のアイメイクは古臭くなりがち

 

女性も40代になると、全体的にたるんでくるのでアイラインが引きにくいとかアイシャドウがダマになったりしがちです。 特にきになるのが目尻です。まぶたが重く垂れさがってきて目の印象がぼんやりしてしまうんです。 そこで重要になってくるのがアイメイクです。 しかし、40代になっても若い頃のメイクを続けている人が多いんです。 酷い人だとコスメそのものを変えていない人もいます。 流行には乗った方がいいです。年齢が高くなればなるほど流行のメイクはどんどん取り入れるべきですね。 私は、目元の印象を変える為にアイメイクグッズは全部買い替えました。 パウダータイプのアイシャドウはもう古いです。(部分使いには使ってます) 濡れ感のある単色のアイシャドーを揃えて3色から4色を使って目元に艶と奥行きを出します。 まつ毛は、若い頃のように頑張ってカールはさせず目尻をメインに立ち上げます。 マスカラもたっぷりつけてしまうとパンダ目になりがちなのでサッと一回塗り。 アイラインは太く引かないようにして目尻より数ミリ上に跳ね上げラインを描き足す感じです。 たったこれだけの工夫でイマドキのメイクですし、目元が華やかになります。